流木対策への取り組み

◆流木捕捉工に関する取り組み

  流木は土砂と違い水に浮いて流下するため、氾濫の末端まで届き土砂災害を拡大する要因になります。 流木対策は重要ですが、従来のコンクリートの不透過型砂防堰堤では、堰上げが生じるため全量の捕捉は難しいことが知られています。 土石流対策で活用されている鋼製透過型砂防堰堤は土砂と水を効率よく分離するため開口部を広くとっており、流木も効率良く捕捉できます。これまでの土石流捕捉事例でも、開口部が流木で閉塞されて後続の細粒土砂まで捕捉しており、 掃流区間においては流木を効率よく捕捉するため構造物の高さ以上に捕捉していることもあります。 鋼製透過型砂防堰堤は、流木対策として現在最も効果の高い施設です。
  当センターでは、新たな流木捕捉工の開発を行うとともに、「張り出しタイプの流木捕捉工」を取り入れた「張出しタイプ流木捕捉工設計の手引き」を2020(令和2)年に発刊しています。また、鋼製透過型砂防堰堤に関する研究も継続して行い。この成果を「新編・鋼製砂防構造物設計便覧<令和3年版>」として2021(令和3)年に発刊しています。流木捕捉工を計画、設計する場合にご活用ください。

1)新たな流木対策
  新たな流木捕捉工は、不透過型砂防堰堤を越流する流木を本副堰堤間で捕捉するための工法であり、その効果などを把握するために水理模型実験を行い(平成30年度砂防学会研究発表会概要集V-032、p.115-116)、スクリーン型流木捕捉工「流木スクリーン」(特許第6840340号)を開発しました。
  「張出しタイプ流木捕捉工設計の手引き」は、学識者・本省砂防部・国総研・土研とともに研究会を設けて検討を重ね、2020年3月に発刊いたしました。これまで流木捕捉工に特化した基準類はなかったことから、流木対策のより一層の推進にお役にたてることを目指しています。ご所望の方は書籍頒布(リンク)よりご注文ください。
   〇手引きのポイントはこちらを参照下さい(機関誌sabo Vol.128)

2)いろいろな鋼製砂防堰堤とその捕捉効果
砂防鋼構造物研究会のHPに多数の事例が掲載されております。 →砂防鋼構造物研究会HP(外部リンク)

◆土石流・流木対策の技術指針改定に関する取り組み

2016年4月の「砂防基本計画策定指針(土石流・流木対策編)」、「土石流・流木対策設計技術指針」の改定を受け、 当センターでは、2016年10月24日に土石流・流木対策の技術指針に関する講習会を行ったほか、「砂防基本計画策定指針および土石流・流木対策設計技術指針に基づく計画・設計事例の解説(第2版)」「同(第3版)」を作成し公開しております。
土石流・流木対策の技術指針に関する講習会(2016.10.24開催)(計画・設計事例の解説(第3版))

◆参考図書:海外の事例紹介

○流木対策-実務入門- (Wildholz- Praxisleitfaden-)の和訳文献の作成 ヨーロッパアルプス周辺諸国における流木対策の実務に関する手引き書として、 インタープリベント事務局が作成した「Wildholz-Praxisleitfaden-」について、 STCが和訳・校正した文献「流木入門-実務入門-」を掲載しております。
流木対策-実務入門- (Wildholz- Praxisleitfaden-)の紹介
– 流木対策-実務入門- (PDF)
– Wildholz- Praxisleitfaden- (原文) (interpraevent_HPより)

◆「張出しタイプ流木捕捉工設計の手引き」に関する質問

   「張出しタイプ流木捕捉工設計の手引き」への質問はこちらの問い合わせ受付フォーム(リンク)で受け付けています。

PAGE TOP