建設技術審査証明

◆建設技術審査証明事業(砂防技術)

■ 建設技術審査証明事業の概要
・新しい建設技術の活用促進に寄与することを目的に、民間において自主的に研究・開発された新技術について、開発者の申請により、「技術審査」、「証明」、「普及活動」を実施する事業です。
「技術審査」:新技術について、学識経験者等による委員会を設置し、国土交通省並びに関係公共機関のニーズ及び技術指針
に照らし、公平かつ公正に審査する。
「証明」:技術審査結果について、審査証明書及び技術内容を取りまとめた報告書等を作成する。
「普及活動」:各種普及活動を実施する。
・国土交通省の指導のもと、平成13年1月から実施されております。(なお、平成13年1月以前は、STCの「技術検討サービス」により、鋼製砂防構造物の「構造・機能・型式」を承認していました。)
建設技術審査証明事業(砂防技術)実施要領(PDF 282k)
■ 審査・証明の手順
審査・証明は以下の手順で行われます。


●委員会は、通常3回実施します。
●必要に応じて、現地等で確認を行う場合もあります。

●証明書のイメージ
証明書イメージ

◆取得技術一覧

STCが発行した審査証明技術はこちらよりご覧いただけます。
取得技術一覧(令和2年10月28日時点)
審査証明期限終了技術一覧
旧制度による審査・証明済み技術(期限終了)一覧

PAGE TOP