研究開発助成

  当センターでは、砂防並びに地すべり及びがけ崩れ対策に関する技術の向上を目的として、研究開発助成を実施しております。
  助成の対象となるのは、砂防並びに地すべり及びがけ崩れ対策に関する技術開発および調査研究を行っており、 特に問題意識が鮮明で達成目標が具体的なテーマを持ち、優れた人材を結集し十分な遂行能力を有する大学、高等専門学校等の研究者としています。
  本助成は1992(平成4)年度より実施しており、2022(令和4)年度は4課題が決定しました。
      (2022(令和4)年度募集の概要はこちらからご覧下さい。)

2022(令和4)年度 研究開発助成の研究課題と代表者

研究課題 代表者 所属
寡雨地域における気候変動下の豪雨に伴う土砂・流木災害:実態とその対策 鄒 青穎 弘前大学
水検知センサーとサイフォン導水ホースを使用した安価な水抜き対策手法の開発 大嶺 聖 長崎大学大学院
風化を誘因とする土砂災害発生機構の解明に向けた粒子型の破壊解析技術の開発 福元 豊 長岡科学技術大学
宇宙線ミュオンを活用した斜面地盤における
不安定土塊の検出手法に関する数値シミュレーション
後藤 聡 山梨大学大学院

■ 過去の研究開発助成実績
最近10年の研究開発助成
最近10年より古い研究開発助成

PAGE TOP